Ruapehu Alpine Lifts

スキー&スノボ

NZの北島、ファカパパスキー場にゴンドラ新設!

更新日:

ニュージーランドでスキー、スノーボードといえば、南島のゲレンデを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、北島にも初心者や上級者まで楽しめるゲレンデがあります。
世界遺産トンガリロ国立公園内にある、ルアペフ山の北斜面側のファカパパと南西斜面側のトゥロアは、北島で人気のスキー場です。

今回は、このルアペフ山の北斜面側に新しくできたゴンドラ(Sky waka/スカイ ワカ)をご紹介したいと思います。

ユネスコ世界遺産を上空から眺める

新しくできたゴンドラは、Sky waka/スカイ ワカといい、ワカは、マオリ語で航海に利用する『カヌー』を意味します。航海で人や物を運んだカヌーのようにゴンドラが人を運ぶという意味を持たせつつ、実はもっとそれ以上の歴史的にマオリ文化と根強く繋がるルアペフ山を登ることに敬意と祝福を込めて名付けられています。

スカイ ワカは、ファカパパスキー場のベースから標高2020メートルのKnoll Ridge Chaletをつなぎ、約5分間で運んでくれます。
10人乗りで50機導入されており、1秒に6メートル進み、1時間で約2400名を運ぶんだとか。
ベースからトップまで5分とあっという間ですが、その間、トンガリロ国立公園を一望することができ、スカイ ワカの到着先のKnoll Ridge Chaletからの全方位ビューの圧倒的な眺めを楽しみながら、カフェでコーヒーやワインなど地元で獲れた食材を用いた食事を味わうことが出来ます。

ファカパパスキー場、スカイ ワカ
Ruapehu Alpine Lifts

年間を通して運行しており、夏と冬では全く違った景色を味わえます。冬には雪に覆われている白銀の景色。夏には、雪が溶け火山性の地形が表れ、ショートウォークを楽しめるようになります。

(運行は、天候に左右されるので運行状況についてウェブサイトを事前確認しておきましょう。)
スカイ ワカの利用には、サイトシーイング・チケットの購入が必要です。スキー、スノーボードをしない方でもスカイ ワカの利用はできます。

チケット料金(往復)

家族チケット(大人2人、ユース二人)…135ドル

大人(18歳以上)…49ドル

ユース(5~17歳)…29ドル

子供(0~4歳)…無料

チケット詳細:https://www.mtruapehu.com/whakapapa/lift-passes/sightseeing

※冬の間は、シーズンチケットやリフトパスを持っていれば、サイトシーイング・チケットを別途購入する必要はありません
※費用は変更になる場合があります。必ずご自身でご確認ください。ドルは、すべて、ニュージーランド・ドル(NZD)です。

スカイワカゴンドラについて詳しくはこちら(英語)
https://www.mtruapehu.com/sky-waka

ニュージーランド航空 オールブラックス来日記念セール開催中!!
ただ今、ニュージーランド航空では、ラグビーワールドカップのために来日したオールブラックスを記念してセールを開催中です!! ※セールは、2019年11月4日(月)まで!お見逃しなく!
 東京、大阪発~オークランド行き
セール価格 エコノミー エコノミー 99,000~※
セール価格 プレミアム・エコノミー プレミアム・エコノミー 194,000~※
セール価格 ビジネス・プレミア ビジネス・プレミア 299,000~※

-スキー&スノボ
-, , , , , ,

Copyright© ニュージーランド バス旅情報 , 2019 All Rights Reserved.