オークランド情報 ロトルア情報

一度は、行ってみたい、森林浴スポット。

投稿日:

夏の陽射しが強い真夏のニュージーランドですが、せっかく旅行に来たんだからといって、ずっと暑い中、観光地を歩きどおしなんてできませんよね。時々涼まないと倒れてしまいます。クーラーの効いたカフェなどに入って休憩するのもいいですが、せっかくなので、自然の中で涼める、森林浴できるような場所がリラックスできて気持ちがよくておすすめ。ここでは、夏のニュージーランドに訪れた際、森林浴スポットとして人気の場所をいくつかご紹介します。

クレオパトラのプール in エイベル・タスマン国立公園

クレオパトラのプール in エイベル・タスマン国立公園
南島のネルソンにある、エイベル・タスマン国立公園には、エイベル・タスマン・コースト・トラック/Abel Tasman Coast Trackという海に面したグレート・ウォークがあります。このトラックに挑戦する人やシーカヤックやジェットボートなどマリンスポーツ楽しみたい人に人気があるこの国立公園に"クレオパトラのプール"と呼ばれている美しい場所があります。
こちらは、トーレント・ベイ(Torrent Bay)もしくは、アンカレッジ(Anchorage)から一時間ほど歩いたところに、岩で囲まれた天然のプールを見つけることができ、コケで覆われた岩を滑り降りている観光客も見られます。ウォーキングを楽しんだ後は、水着に着替えて、天然プールで汗を流し、リフレッシュするのが最高にお勧めです。

エイベル・タスマン国立公園(Abel Tasman National Park)

現在国立公園は、北島に4つ、南島に9つそして、スチュアート島に1つあります。それぞれの公園ごとに見られるユニークで美しい大自然が訪れる私たちを圧倒します。 ここでは、エイベル・タスマン国立公園(Abe ...

続きを見る

カラマトゥラ・ヴァレー in オークランド

オークランドの大都会から車で45分ほどの所にある、Waitakere Ranges Regional Park内にある、カラマトゥラ・ループ・トラックへ。お子さん連れは少し大変なので、子供たち抜きで、週末にオークランドの喧騒から離れてリフレッシュのために訪れるのに最適です。

このトラックは、往復1時間半くらいです。滝のある所まで片道30分~40分程度かかります、そして特にその後半15分くらいは、割と体力に自信のある人向けですが、その分、行ってみるだけの価値はあります。ひっそりとした静寂の中で滝の音、水しぶきに心からリラックスできることと思います。

※ご紹介しておいて残念なお知らせですが、現在は、Waitakere Ranges Regional Park内では、カウリという巨木の保護のため、いくつかのトラックが閉鎖になっています。そして、カラマトゥラ・ヴァレーも閉鎖となっている模様です。以下に公園内での封鎖されているトラックとオープンのトラックがリストになっているのでお出かけの際はチェックしておきましょう。

詳しくは、Waitakere Ranges Regional Parkへどうぞ。

ケロセンス・クリーク in ロトルア

ケロセンス・クリーク in ロトルア
Photo:Vaughan Bookfield
ニュージーランド随一の温泉地として有名な、ロトルア。このロトルア近くにある、ケロセンス・クリークでは、天然の淡水と温泉水が流れ込む、正に秘湯と呼ぶにふさわしいところがあります。

https://www.kerosenecreek.co.nz/

ペロラス川 in ハヴロック

ペロラス川
photo:Pelorus_River_Marlborough
ペロラス川は、ハヴロックとライ渓谷の間を流れており、その水は、透明で美しく、結構な深さの天然プールを作り出しているところがあります。
その場所は、映画『ホビット:竜に奪われた王国』でドワーフたちが樽で流れてきたシーンのロケに使われたところでも有名。
この川をカヤックで下るツアー(Pelorus Eco Adventures)もありますよ。
 

ニュージーランド航空 オールブラックス来日記念セール開催中!!
ただ今、ニュージーランド航空では、ラグビーワールドカップのために来日したオールブラックスを記念してセールを開催中です!! ※セールは、2019年11月4日(月)まで!お見逃しなく!
 東京、大阪発~オークランド行き
セール価格 エコノミー エコノミー 99,000~※
セール価格 プレミアム・エコノミー プレミアム・エコノミー 194,000~※
セール価格 ビジネス・プレミア ビジネス・プレミア 299,000~※

-オークランド情報, ロトルア情報
-, , , , ,

Copyright© ニュージーランド バス旅情報 , 2019 All Rights Reserved.