ウェリントン情報 ニュージーランドのグルメ旅行

南島のネルソン、北島のウェリントンでクラフトビール巡り

更新日:

Photo:Fraser Clements

クラフトビールは、簡単に言えば、日本でいうところの地ビールと同じようなものです。
ビール醸造者の原料、素材にこだわり、伝統的な製法を用いて作られるため、年間生産量は小規模であり、大量生産して売り上げを最大化しようとする商業ビールとは一線を画すものです。
また、テイストや製法だけでなく、ボトルやラベルデザインなど、細部に至るまでそれぞれのクラフトビール生産者の個性が際立つものに仕上がっており、それがまたクラフトビール好きを魅了するところでもあります。

ニュージーランドは、良質のワインを作っているワイン新興国としてすでに世界的にも知られていることですが、クラフトビールも盛んに造られていることも付け加えねばなりません。

ニュージーランドのクラフトビール2大都市

ニュージーランドのクラフトビールといえば、ウェリントンとネルソンが2大巨頭であるといえます。

そのどちらも言い回しを変えながらもクラフトビールの首都、であると謳っています。
ちなみにウェリントンでは、『Craft Beer Capital』、一方ネルソンは、『Craft Brewing Capital of New Zealand』と表現しています。

ネルソン:Craft Brewing Capital of New Zealand

ネルソンとすぐ隣のタスマン地方は、ニュージーランドで唯一ホップの商業栽培がおこなわれているところでビールづくりに欠かせない、ホップの成長に最適なロケーション、気候を持っています。
Photo:Dean McKenzie
ニュージーランドでは、1840年頃からホップの栽培が行われてきており、南島にあるネルソンとすぐ隣のタスマン地方は、ニュージーランドで唯一ホップの商業栽培がおこなわれているところでビールづくりに欠かせない、ホップの成長に最適なロケーション、気候を持っています。
そのホップ生産地という強みからネルソンには、多くの醸造所が林立していた時期があったのですが、1950年代以降、海外のグローバルブランドの進出で衰退してしまったということがあります。
ネルソンで起こった最も有名なクラフトビールといえば、「Mac’s Gold/マックスゴールド」です。
残念ながら今では大手企業に売却されているのですが、このクラフトビールが若い世代のビール醸造家達に大いに影響を与え、ネルソンだけでなく、ニュージーランド各地に地ビールのブルワリーが続々と誕生することにつながったと言われています。

ネルソンの歴史あるクラフトビール醸造所といえば、「Mac’s Gold/マックスゴールド」を作っていた、McCashin's Brewery(マカシンズ・ブリュワリー)それから、FOUNDERS BREWERY (ファウンダーズ・ブリュワリー)等が有名です。

それら有名どころの醸造所やホップ栽培ファームを巡ることができる、ネルソン・クラフトビール・トレイルがあります。特に夏の季節には自転車をレンタルして、サイクリングしながら各所をめぐりつつ、ネルソンの景色楽しめます。※ホップのファームは眺めるだけです…。

ウェリントン:Craft Beer Capital

ウェリントンでは、クラフトビールの醸造所が急速に増えてきています。また、それだけでなく、カフェやバー、レストランといったクラフトビールを扱うお店が多く、クラフトビールを楽しめる環境が充実しています。
Photo:Fraser Clements
ウェリントンでは、クラフトビールの醸造所が急速に増えてきています。また、それだけでなく、カフェやバー、レストランといったクラフトビールを扱うお店が多く、クラフトビールを楽しめる環境が充実しています。

ウェリントンにもネルソンのようなクラフト・キャピタル・ビール・トレイルがあり、個人で思い思いにビール巡りをすることができます。ウェリントンの場合は、歩いて回れるというほどかなり密集しています。また、遠く離れたところへ行きたい場合は、路線バスを上手く利用すればよいでしょう。

おすすめはブリュワリーとバーが一緒になっている、トゥアタラガレージ・プロジェクトブラックドッグフォーク&ブリュワーです。
個人的な考えですが、ネルソンの方が"元祖"クラフトビールの首都って感じでウェリントンの方が近年になって非常に盛り上がってきたなーという感じがしています。
ということで、ネルソンが元祖クラフトビールの首都だとすれば、ウェリントンという新興勢力がクラフトビールの首都を奪った、とでもいいましょうか。そんな印象です。
ただ、ネルソン、ウェリントンに限らず、ニュージーランド全土にクラフトビールのブルワリーが点在しており、各々の地で個性的なビールを楽しむことが出来ます。

ニュージーランドに旅行をする際は、ぜひ、各地で作られているクラフトビールを試してみることをお勧めします。

ニュージーランド航空 夏のニュージーランド フェア 開催中!
旅行期間が2018年12月31日~2019年3月31日の方は、大変ラッキーなニュージーランド航空からのセール情報です! 夏のニュージーランドへお得なチケットで旅しませんか?※セール販売終了 2018年12月17日
 東京発 オークランド行き関西発 オークランド行き
セール価格!
エコノミー
99,000円*~99,000円*~
セール価格!
プレミアム・エコノミー
183,000円*~183,000円*~
セール価格!
ビジネス・プレミア
288,000円*~268,000円*~
詳しくはこちら→ ニュージーランド航空 夏のニュージーランド フェア 開催中! さらに! このセール期間中に、日本-ニュージーランド間往復航空券を新規で購入すると抽選でステキなものをゲットできます! 一例としては、10万円相当のアクティビティ体験や300ドル分のグルメ(in オークランド)や4万円分のグルメ(in 東京)、他にも3名様には、ニュージーランドにまつわるギフトセットなど。 詳しくはこちら→ ステキすぎる、夏のニュージーランド体験が当たる!

-ウェリントン情報, ニュージーランドのグルメ旅行

Copyright© ニュージーランド バス旅情報 , 2018 All Rights Reserved.