Photo by Paul Volkmer

ニュージーランドのおすすめエリア情報 旅行プラン 星空観測

ニュージーランドのグレート・バリア島がダークスカイ・サンクチュアリに認定!

更新日:

ニュージーランドで星空がきれいなところとして一番に挙がる所といえば、テカポだろうと思います。
今回は、星空といえばテカポにも負けない、むしろ、もっとすごいところといえるグレートバリア島をご紹介します。

星空を求めてテカポをお考えでしたら、ぜひ、グレートバリア島もお見逃しなく。

グレートバリア島ってどんな島?

ニュージーランドのグレート・バリア島がダークスカイ・サンクチュアリに認定!
Photo:Scott Venning
ニュージーランドの北島の離島の一つにグレートバリア島があります。
オークランドから出ているフェリーで4時間半、飛行機だと30分の距離にあります。

グレート・バリア島では、野外アクティビティが人気で、ダイビング、フィッシング、サーフィン、カヤック、マウンテンバイク、ハイキング、キャンプといったほとんどの野外アクティビティの体験ができます。
島の60%を超える面積がDOC(環境保全省)管理下となっており、美しい自然が残り、原生林やこの地特有の動植物が生息しています。

グレート・バリア島の、星空はどうすごいの?

基本的に日本の都会で生活をしたことある方は、日本の夜空の星の少なさに慣れきって、ニュージーランドに来たら、テカポに行かなくても、グレート・バリア島に行かなくても十分どの町でも星の多さに驚くかもしれません。

でも、そのニュージーランドの中でも、やはり、テカポとグレート・バリア島の星空は別格なんですね。
ここでは、グレート・バリア島がどうすごいのかご紹介します。

グレート・バリア島が世界で3番目のダークスカイ・サンクチュアリに認定!

グレート・バリア島がDark Sky Sanctuary(ダークスカイ・サンクチュアリ)に認定をされました。

国際ダークスカイ協会(International Dark-Sky Association)というNPO団体が認定しているのもです。
この団体は、夜間の質の悪い屋外照明による"光害問題"に取り組む団体でその活動の一環で光害のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度としてダークスカイプレイス・プログラムを2001年に発足させています。

国際ダークスカイ協会が認定する場所としては、5つのカテゴリーがあります。

◎ダークスカイ・コミュニティ (International Dark Sky Communities)
(2017.6.25 現在 15 ヵ所)

◎ダークスカイ・パーク (International Dark Sky Parks)
(2017.6.25 現在 49 ヵ所)

◎ダークスカイ・リザーブ (International Dark Sky Reserves)
(2017.6.25 現在 11 ヵ所)
テカポは、このカテゴリーの認定を受けています。

◎ダークスカイ・サンクチュアリ (International Dark Sky Sanctuaries)
(2017.6.25 現在 3 ヵ所)
グレート・バリア島は、このカテゴリーです。

◎ダークスカイ・ディベロップメント (Dark Sky Friendly Developments of Distinction)
(2017.6.25 現在 4 ヵ所)
ニュージーランドのグレート・バリア島がダークスカイ・サンクチュアリに認定!
Photo:Daniel Rood
このプログラムに申請し、認定を受けるには、照明に関する厳格な基準やその地域活動における教育啓もう活動などが求められます。
さらにDark Sky Sanctuary(ダークスカイ・サンクチュアリ)に認定されるのは簡単なことではありません。
ダークスカイ・サンクチュアリは、他の認定区に比べて、周囲に屋外照明がほとんどなく、隔離されたかのような場所、より暗い環境と美しい星空が保たれている場所でないと認定されません。

その点、グレート・バリア島は、ばっちりクリアできたわけです。
グレート・バリア島は、本島からの送電が無く電気は自家発電です。自給自足の生活をしている人も多く、もともと光害になるほどの電気がない場所だったわけです。夜間の島の暗さたるや折り紙つきです。

国際ダークスカイ協会が認めた、世界中に点在する保護するに値する場所つまり素晴らしい星空を持っている場所の中でも星空サンクチュアリはその最上位にあたります。

ちなみにダークスカイ・サンクチュアリに認定されているのは世界で3つありますが、他の2つとは、アメリカ(コズミック・キャンプグラウンド Cosmic Campground)、チリ(ガブリエラ・ミストラル (AURA 観測所) Gabriela Mistral (AURA Observatory) )です。
また、テカポは、テカポ湖を含むマウントクック国立公園とマッケンジー盆地周辺含むエリアがダークスカイ・リザーブ(星空保護区)に認定されています。

観光客を呼び込む起爆剤に

グレート・バリア島は、アウトドア・アクティビティを楽しめるので人気の場所ではありますが、夏はよくても、冬になると観光客が少なくなってしまうのが島の人々にとっては悩みの種でしたので、このダークスカイ・サンクチュアリの認定は観光客を呼び込むいいきっかけになるでしょう。

隔離された場所といえど、オークランドのフェリー乗り場から4時間半、飛行機なら30分とアクセスは比較的簡単にできますので、時間に余裕のない旅行日程ならテカポに星空を見るために南島へ行く強行日程を組むよりも、オークランドから行ける場所に美しい星空のあるグレート・バリア島を選ぶという方も増えそうです。

▼参照
http://idatokyo.org/hogoku
https://www.stuff.co.nz/travel/destinations/nz/94001815/great-barriers-exceptional-starry-nights-recognised-with-dark-sky-sanctuary-status

ニュージーランド航空 正規割引運賃 ※2018/11/21調べ
 東京発 オークランド行き関西発 オークランド行き
エコノミー 113,000円*~108,000円*~
プレミアム・エコノミー238,000円*~238,000円*~
ビジネス・プレミア408,000円*~408,000円*~
ニュージーランド航空 早期予約で割引があります!
プレミアム・エコノミーとビジネス・プレミアは、 早期予約で割引があります! 出発日の50日前までの予約でプレミアム・エコノミーが20,000円もおトク!ビジネス・プレミアなら55,000円もおトク!

-ニュージーランドのおすすめエリア情報, 旅行プラン, 星空観測
-,

Copyright© ニュージーランド バス旅情報 , 2018 All Rights Reserved.