Photo:Sara Orme

アクティビティ 魚釣り

ニュージーランドでの魚釣り/フィッシング情報

更新日:

ニュージーランドは、釣り好きにとってはパラダイスのような場所です。
北島から南島まで、全国各地で湖、渓流、海釣り、さらには、ゲーム・フィッシングまで楽しめる環境が揃っています。

ニュージーランドで楽しめるフィッシングは、大きく分けて湖や渓流でのトラウト(マス)フィッシングと海でのカジキやマグロ、ヒラマサといった大型魚を狙うトローリングに分かれます。

ニュージーランドで釣れる魚は、一般的に日本で釣れるサイズよりも全体的に大きなサイズで、パワフルな釣りを楽しめます。また、ニュージーランドならではの美しい景観の中で、普段と違った雰囲気で釣りをするという点もニュージーランドで釣りをする魅力といえるでしょう。

ニュージーランドの湖や渓流での釣り

北島においては、主に湖や渓流などでトラウト(マス)釣りができます。ニュージーランドでは、レインボートラウトとブラウン・トラウトが特に有名です。
Photo:Sara Orme
北島においては、主に湖や渓流などでトラウト(マス)釣りができます。ニュージーランドでは、レインボートラウトとブラウン・トラウトが特に有名です。比較的に南島の方にブラウントラウトが生息し、レインボートラウトは、北島に見られる傾向があります。

湖や渓流では、トラウトを狙うフライ・フィッシングに挑戦してみましょう。
フライ・フィッシングは、トラウトたちが好むフライ(小さな昆虫、魚など)を模して作った、蚊ばり、毛ばりをつかった釣りのことです。

フライ・フィッシングが解禁となるのは、場所にも寄りますが、だいたい10月から始まって、4月~6月あたりまでです。
お勧めのスポットは、北島では、ロトルア湖やタウボ湖などがあります。トンガリロ川は良く獲れるスポットとして有名です。南島では、ワナカ湖やクルーサ川が有名です。

また、南島では、南島全域を通して、川や湖で、サーモンを釣ることが出来ます。特にラカイア川は世界的にも有名なサーモン釣りの場所です。
サーモンが川の流れを逆らって上って来るポイントがあり、サーモン釣りにはもってこいの場所として知られています。

ニュージーランドの海釣り

ニュージーランドの海釣り
Photo:Kieran Scott
海釣りといえば12月から6月がシーズンです。ノースランドのベイ・オブ・アイランズやトゥトゥカカから北東海域に出れば、ヒラマサ、マカジキ、マグロ、スナッパーなどの大物を釣れるチャンスがあります。そしてそんな大型魚を狙った、大きなフィッシング・ゲームも釣り好きには、楽しみの一つですよね。
ニュージーランドで開催される、大きなゲーム・フィッシングで有名なのは、Tutukaka(トゥトゥカカ)、Whangaroa Harbour(ファンガロア・ハーバー)、ベイ・オブ・アイランズなどがあります。

ニュージーランドで魚釣りをする際に気を付けること

ニュージーランドで魚釣りを楽しむ、フィッシング。
Photo by Chris Abney
河川や湖で釣りをするには、ライセンス料の支払いが必要です。
ニュージーランドで初めて釣りに挑戦しようとする方は、まずは、ガイド付きの釣りツアーを手配することがおすすめです。ライセンスも手配してもらえる上、絶好のスポットへの案内もしてくれます。ガイドの手配は、現地の釣具店や観光案内所で行うことが出来ます。

ご自分でライセンスを購入する場合は、こちらからどうぞ。→https://fishandgame.org.nz/licences/buy-a-licence/

海釣りに出る場合は、船をチャーターすることになるので事前に予約

ニュージーランドで魚釣り。フィッシング情報。
Photo by Anders Wideskott
ニュージーランドの夏(12月~2月)は、好天日が多いためさほど心配はいりませんが、海釣りに出るには、天候に左右されるので、(風が弱く波の静かな日がよい)、旅行日程は余裕を持っておくことをお勧めします。
船をチャーターする場合、ご自身の旅行予定のスケジュールを伝えて、その範囲で条件の良い日に釣りに出たいと伝えると、ガイド側で調整してくれます。※料金は、実際に釣りに出た日数分だけの支払いです。

現地でガイドを手配したり、ツアーに参加すれば、基本的に釣り道具から昼食の手配、釣り場への案内などすべて手配してくれるので問題ないですが、もし、日本から自分の釣り道具を持参するのであれば、ニュージーランド入国の際に、バイオセキュリティー(生態保護)の観点から厳しく審査されるので、入国ルールを守って、万全の準備をしておく必要があるでしょう。

ニュージーランドの釣りシーズンはいつ?

ニュージーランドの釣りシーズン
Photo:Clay Knight
日本とは季節が逆になりますので、渡航時期にどういった魚が釣れるのか事前に調べておきましょう。だいたいの目安をご紹介します。

トラウトフィッシング

10月~4月の間がベストシーズンと言われています。
南島では、禁漁期間(5月~9月末頃まで)がありますので、それ以外の期間がシーズンともいえるのですが、北島では、年間を通して釣りを楽しむことが出来ます。
1月~3月は、サーモンの遡上シーズンです。

海釣り

12月~2月頃:ヒラマサ、カジキ、マグロ、カツオなどゲーム・フィッシングのシーズン
3月~5月頃:産卵後の大ダイ釣りのシーズン

獲っていい量・サイズなどのレギュレーションがあります。

乱獲を防ぐために、ニュージーランドでは、エリアや魚種によって、獲っていい量、サイズなどが定められています。
その規制は、しばしば変更されたりするので、現地で必ず最新の情報を確認するようにしてください。

現地ガイドの人やボートをチャーターした際、責任者などに聞けば教えてもらえます。

こちらのサイトで確認もできます。

https://mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/fishing-rules/

ここでは、各地の特に有名な場所をご紹介します。

ノースランド(Northland)


スポーツ・フィッシングは、古くからノースランドが有名で、特にベイ・オブ・アイランズ地方にゲーム・フィッシングに適したところがあります。
ノースランドのベストシーズンは、12月中旬から5月中旬です。ソードフィッシュについては、8月まで大丈夫です。また、スナッパーやキングフィッシュ、ハプカ(hapuka)は、通年通して楽しむことが出来ます。

北島中央(Central North Island)

ニュージーランドで最も大きな湖であるタウポ湖やトンガリロ川といったその周辺地域では、レインボー・トラウトやブラウン・トラウトを狙えます。タウポには、観光客も多いので、ガイド付きフライフィッシング・ツアーも充実しています。

フィヨルドランドと南島(Fiordland and Southland)

ニュージーランドのゴアでは、トラウト・フィッシングが有名。

南島といえば、世界的に有名なトラウト・フィッシングのできるところで有名な、ゴア。特にマタウラ川、その周辺にも渓流があり、春から初夏にかけて、ぜひ挑戦したいところです。ニュージーランド国内でもトラウトの生息数が多いと言われていますので、釣果も期待できます。

Photo:By Mr Bungle

InterCity GOLD Seats

GreatSights New Zealand Day Tours

-アクティビティ, 魚釣り
-, , , ,

Copyright© ニュージーランド バス旅情報 , 2018 AllRights Reserved.