ニュージーランド国内長距離バス インターシティーバスの使い方

インターシティバス:お得な料金設定のパス

ニュージーランド 国内長距離バスを使った旅。インターシティバスの使い方。お得な料金設定のフレキシーパスとトラベルパス。予約の仕方。

インターシティバスを勧める理由

ニュージーランド 国内長距離バスを使った旅。インターシティバスの使い方。予約の仕方。

バスを検索する

InterCity GOLD Seats

GreatSights New Zealand Day Tours

ニュージーランド北島の見どころ

Auckland/オークランド

Auckland/オークランドは、都会的な側面と自然のある魅力的な街Photo:Miles Holden
都会的な側面と自然のある魅力的な街
デザイナーズブランドやブティックといったハイエンドなお店が集まり、お買い物を楽しむには最適。合わせてスタイリッシュなカフェやレストランで非日常を楽しむのもおすすめ。
ティリティリマタンギ島、ワイへケ島などへのアクセスも容易で、自然の中で野生動物を観測したり、ウォーキングを楽しんだり、ワイナリーツアー、カヤックをしたり、野外アクティビティも充実。

Coromandel/コロマンデル

コロマンデル半島の美しいビーチは見逃せない。
コロマンデル半島の美しいビーチは見逃せない
カセドラル・コーブ(Cathedral Cove)はアーチ状で有名な岩がある洞窟。真っ青な海でのカヤックは最高。ホット・ウォータービーチ(Hot Water Beach)では、自分で砂浜を掘って簡易温泉を楽しめます。

Hamilton/ハミルトン

Hamilton/ハミルトンは、NZの中でも有数のサーフィンスポットのラグランがある街Photo:Paul Abbitt
美しい庭園、ワイカト・ケーブ、熱気球etc...見どころ沢山
NZの中でも有数のサーフィンスポットのラグランがあり、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地「ホビトン(Hobbiton)」、ジブリの『天空の城ラピュタ』の"飛行石の洞窟"のモデルともいわれる、ワイトモ・ケーブがあります。ホットバルーンフェスティバル(熱気球)には毎年多くの旅行者が訪れます。

Matamata/マタマタ

マタマタは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』のロケ地Photo:Ian Brodie
映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』のロケ地
映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』のロケ地としてあまりにも有名な、ホビトンがあるこの地は、オークランドから車で2時間、ハミルトンからだと45分くらいの距離にあります。ホビトンに訪れるには、ツアーへの参加が必要です。

Hastings/ヘイスティングス

Hastings/ヘイスティングスは、ワイン、フルーツ、アルチザンフードが豊富Photo:Miles Holden
ワイン、フルーツ、アルチザンフードが豊富
ヘイスティングスには、70を超えるワイナリーがあり、アルチザンフード(手作りで少量生産、こだわりの食材)が豊富。美味しいワイン、食べ物を味わいたいならぜひおすすめ。また、ゴルフ好きには、ケイプ・キドナッパーズ(Cape Kidnappers)でNZの地形を生かした驚くべき景色を楽しみながらのプレーを楽しめます。

Napier/ネイピア

Napier/ネイピアは、アールデコの首都です。Photo:Camilla Rutherford
アールデコの首都
アールデコの建物が立ち並ぶネイピアは、アールデコの首都と呼ばれるほど。毎年開催される、華やかなアールデコ・フェスティバルは必見。また、ワインでも有名なネイピアは、ワイナリーツアーも充実しています。マリーンパレード(Marine Parade)沿いをサイクリングしたり、ビーチでくつろぐのもおすすめです。

Ohakune/オハクネ

Ohakune/オハクネは、北島の中心地。トンガリロ国立公園への拠点。Photo:Graeme Murray
北島の中心地。トンガリロ国立公園への拠点
オハクネは、トンガリロ国立公園でアウトドア・アクティビティを行う拠点となる地です。
冬になるとルアペフ山にある、トゥロアファカパパスキー場には、スキー客が多く訪れます。冬期以外のシーズンでもトランピングやマウンテンバイク、カヌーを楽しむ観光客や地元の人で賑わいます。また、ニンジンの産地として有名で、町の入り口には巨大なニンジンが出迎えてくれます。

Palmerston North/パーマストン・ノース

Palmerston North/パーマストン・ノースは、アウトドア・スポーツ好きにはもってこいの自然環境Photo:Destination Manawatu
アウトドア・スポーツ好きにはもってこいの自然環境
北島南部、マナワツ地方にある都市。マッセイ大学のおひざ元、国際色豊かな学生が多く住む街。マナワツ川や渓谷では、ウォーキング、ハイキング、サイクリングなどアウトドア・スポーツ好きが喜ぶ自然に恵まれた都市でもあります。

Paihia/パイヒア

Paihia/パイヒアは、海でのアクティビティが充実しているリゾート地。Photo:Adventure HQ
海でのアクティビティが充実しているリゾート地
気候が温暖でマリン・アクティビティに最適の町。イルカと泳ぐツアーや「ホール・イン・ザ・ロック」へのクルーズ、シーカヤックなどが人気です。ベイ・オブ・アイランズのエリアを観光する場合の拠点ともなる町でもあり、90マイル・ビーチレインガ岬へもツアーがでています。

Rotorua/ロトルア

Rotorua/ロトルアで、マオリ文化と温泉に癒される。Photo:Fraser Clements
マオリ文化と温泉に癒される
マオリ文化を体験するならロトルア。マオリ文化の代表的なダンスショーや伝統料理が楽しめます。また、地熱地帯特有の自然に恵まれ、硫黄の匂いが漂う、温泉に恵まれた街。ユニークな泥温泉や硫黄の温泉などがあります。

Taupo/タウポ

Taupo/タウポには、ニュージーランド最大のタウポ湖があります。Photo:Destination Lake Taupo
ニュージーランド最大のタウポ湖
ニュージーランド最大の湖があるタウポ。迫力満点のフカ滝を訪れたり、ジェットボートやスカイダイビングのアクティビティが特に人気です。また、トンガリロ国立公園、ファカパパトゥロアのスキー場へのアクセスも良好です。そして、タウポ湖や近辺の河川では、魚釣りを楽しめることでも有名です。

Tauranga/タウランガ

Tauranga/タウランガは、白い砂浜が美しい沿岸沿いの町Photo:Ben Crawford
白い砂浜が美しい沿岸沿いの町
年間を通して温暖で過ごしやすい町でダイビング、セイリングなどが楽しめます。サーフィンのメッカである、マウント・マウンガヌイには、車で20分程度でアクセスでき、美しいビーチでのサーフィンは格別です。さらに、マウオア山の頂上から眺めるマウント・マウンガヌイのビーチ、太平洋の景色も素晴らしいものです。

Waitomo/ワイトモ

Waitomo/ワイトモには幻想的な土ボタルが星空のように輝くワイトモ・ケーブがあります。Photo:Corin Walker Bain
幻想的なワイトモ・ケーブへのツアーは見逃せない
ワイトモといえば、ワイトモ・ケーブ。地下に広がる洞窟の天井で青く発光する土ボタルを見ることのできるツアーは一押し。世界中から多くの観光客が土ボタル(Glowworm/グローワーム)の神秘的な輝きを求めて訪れます。

Thames/テムズ

Thames/テームズは、コロマンデル半島への拠点Photo:Tourism New Zealand
コロマンデル半島への拠点
かつてゴールドラッシュで栄えた、コロマンデル半島への入り口となる町です。オークランドから車で1時間半の距離と気軽にアクセスでき、テムズ、ワイヒ、カランガハケ峡谷にてハイキングやマウンテンバイクを楽しんだり、全長82kmのハウラキ・レイル・トレイルでのサイクリングも人気があります。

Taranaki/タラナキ

Taranaki/タラナキは、世界的にも最も注目を浴びている地方
世界的にも最も注目を浴びている地方
ロンリープラネット発表の"2017年に世界で訪れたい場所"ベスト2にランクインを果たしています。
タラナキ山のあるエグモント国立公園美しいガーデンサーフィンのメッカ、アートも充実…、世界的に注目を浴びている要素がたくさん詰まっています。

Whitianga/フィティアンガ

Whitianga/フィティアンガは、海沿いのホリデータウンPhoto:Steve & Jem
海沿いのホリデータウン
コロマンデルの人気に隠れてしまいがちですが、フィティアンガも海沿いのホリデーを楽しむスポットとして人気です。ホット・ウォーター・ビーチやカセドラル・コープへのツアーも出ており、ダイビングや魚釣りなど楽しめます。

Wellington/ウェリントン

Wellington/ウェリントンは、ニュージーランドの首都Photo:Julian Apse
ニュージーランドの首都
クラフトビールやコーヒーを始めとする、アルチザンフードの食文化、アートの世界も牽引する港町です。また、世界的にも認知されている、NZの映画産業の中心として活躍する、ウェタ・ワークショップとウェタ・ケーブがあります。

Martinborough/マーティンボロー

Martinborough/マーティンボローは、ピノ・ノワールの名産地Photo:Scott Venning
ピノ・ノワールの名産地
家族経営の小さなワイナリーがひしめく、マーティンボロ―は、特にピノ・ノワールのワインで有名です。週末になるとワイナリーツアーに訪れる観光客や地元の人で賑わいます。毎年11月に行われる、トースト マーティンボロ― (Toast Martinborough)は外せないイベントです。

ニュージーランド南島の見どころ

Christchurch/クライストチャーチ

Christchurch/クライストチャーチは、震災からの復活。めざましい変貌を遂げる街。Photo:Hiroshi Nameda
震災からの復活。めざましい変貌を遂げる街。
英国風のガーデンスタイルの公園を散策したり、エイボン川でのパンティングを楽しんだり。アカロアまで足を伸ばせば、イルカやペンギンと触れ合える機会も。南島最大の都市であり、カンタベリーエリア観光の玄関口として多くの人が訪れる街です。

Dunedin/ダニーデン

Dunedin/ダニーデンは、ゴシック調建築と野生動物観察ツアーPhoto:Penguin Place
ゴシック調建築と野生動物観察ツアー
ゴシック調の建物が多く残り、古い歴史が残されつつも、若い学生が多く集まる学生都市。世界で最も急斜面のストリートやオタゴ半島でのペンギン、オットセイ、アルバトラスといった野生動物観測ツアーが人気。

Franz Josef/フランツ・ジョセフ

Franz Josef/フランツ・ジョセフは、太古の自然の姿、感動の氷河体験Photo:AJ Hackett Bungy New Zealand
太古の自然の姿、感動の氷河体験
ウェストコーストの最大の観光地といえば、フランツ・ジョセフ氷河とフォックス氷河。ヘリコプターで氷河へアクセスしたり、氷河ウォーキングや遊覧飛行を楽しむツアーが人気。

Invercargil/インヴァーカーギル

Invercargil/インヴァーカーギルは、最も南に位置するオイスターで有名な都市Photo:Venture Southland
最も南に位置するオイスターで有名な都市
ニュージーランド最南端の都市でスチュアート島や亜南極諸島への玄関口。特産のブラフオイスターは有名で毎年行われる、ブラフオイスターフェスティバル(Bluff Oyster and Food Festival)には、国内外問わず多くの人が訪れます。また、カトランズ(Catlins)へ足を伸ばせば、緑豊かな原生林の中をウォーキングやマウンテンバイクで走行して楽しんだり、断崖絶壁に立つナゲットポイント灯台(Nugget Point Lighthouse)もぜひ訪れたいところです。

Milfordsounds/ミルフォード・サウンド

Milfordsounds/ミルフォード・サウンドは、世界8番目の不思議。氷河が作り出した神秘の地Photo:Rob Suisted
世界8番目の不思議。氷河が作り出した神秘の地
ミルフォード・サウンドでのクルーズは、いくつもの峰に囲まれた雄大な景色の中を進み、落差1000mの滝や野生動物を目にすることが出来ます。カヤックをレンタルして自由に景観を楽しむことも。
また、グレート・ウォークの一つ、ミルフォード・トラックのトランピングも人気で世界中から多くの人々がやってきます。

Kaikoura/カイコウラ

Kaikoura/カイコウラは、ホエール・ウォッチングに最適Photo:Sara Orme
ホエール・ウォッチングに最適
小さな沿岸沿いの町ながらもホエールウォッチングを始め、イルカやアルバトラスなどの野生動物が見られるところで人気の観光地。豊富なシーフード料理も満喫できます。

Tekapo/テカポ

Tekapo/テカポは、満天の星空を楽しめる。Photo:Vaughan Brookfield
満天の星空
真っ暗な夜空に満点の星空が広がるテカポ。星空観察にはマウントジョン天文台(Mount John Observatory)がうってつけです。また日中のテカポ湖のミルキーブルーは息をのむ美しさ。テカポを拠点にマウントクック国立公園でのトランピングを楽しむ人もたくさんいます。

Wanaka/ワナカ

Wanaka/ワナカは、ゆっくりリラックスできるリゾート地Photo:Martyn Williams
ゆっくりリラックスできるリゾート地
ワナカ湖を中心にしたリゾート地。マウント・アスパイアリング国立公園へのトランピングの拠点とされ、夏場はあらゆるアウトドア・レクリエーションをするに最適で、冬には、スキー、スノーボードを楽しむ旅行者で賑わいます。また、2年に一度開催される、航空機ショー(The Warbirds over Wanaka)は世界的にも有名。

Mt.Cook/マウントクック

Mt.Cook/マウントクックは、ニュージーランド最高峰の山Photo:Miles Holden
ニュージーランド最高峰の山
マウントクック国立公園には、3000m級の山々がそびえたちます。マウントクックの登山は難易度が高い挑戦ですが、気軽に取り組めるトラックも用意されており、中でもフッカー・バレー・トラック(Hooker Valley Track:往復3時間)はおすすめです。

Hokitika/ホキティカ

Hokitika/ホキティカは、グリーンストーンのお土産が揃います。Photo:Fraser Clements
グリーンストーンのお土産ならココ
グリーンストーンの産地として有名なホキティカ。グリーンストーンを扱う工房も多く、アクセサリー選びには最適です。また、毎年開催される、ワイルドフード・フェスティバル(Wildfoods Festival)には多くの地元の人や旅行者で賑わいます。

Nelson/ネルソン

Nelson/ネルソンは、エイベルタスマン国立公園への玄関口Photo:Fraser Clements
エイベルタスマン国立公園への玄関口
サンシャイン・ネルソンと呼ばれるほど、晴れの日が多い町は、エイベルタスマン国立公園の玄関口として観光客が立ち寄るところ。クラフトビールの醸造所巡りや、ニュージーランドのちょうど真ん中とされる丘(Botanical Hill)へ登ったり、アート工房に出かけたりするのもおすすめ。

Picton/ピクトン

Picton/ピクトンは、北と南をつなぐ港町Photo:Rob Suisted
北と南をつなぐ港町
北島と南島のフェリーの発着場です。マールボロサウンズでのクルーズやカヤック、ヨット、モーターボートを楽しんだり、クィーン・シャーロット・トラックを歩いたり、マウンテンバイクでのアドベンチャーも満喫できます。

Queenstown/クイーンズタウン

Queenstown/クイーンズタウンは、野外アクティビティの宝庫Photo:Shotover Canyon Swing
野外アクティビティの宝庫
バンジージャンプやスカイダイビング、パラグライディング、熱気球、星空観測といった多彩なアクティビティが充実。レストランやバーも多く、ナイトライフも楽しめます。冬にはスキー場への拠点地として世界中から多くの観光客でにぎわいます。

Te Anau/テ・アナウ

Te Anau/テ・アナウは、美しいテアナウ湖とグレートウォークの挑戦者が訪れる町です。Photo:Miles Holden
美しいテアナウ湖とグレートウォークの挑戦者が訪れる
雄大な山々に囲まれた静かな町にある美しいテ・アナウ湖はあまりにも有名。ケプラー・トラック(Kepler Track)やミルフォード・トラック(Fiordland Track)、ルートバーン・トラック(Routeburn Track)といったグレートウォークを目的にした旅行者など大自然を求めて訪れる人が多くいます。

ニュージーランドおすすめ アクティビティ

ニュージーランドでカヤックに挑戦!

ニュージーランド発祥のバンジージャンプ!

ラフティングでエキサイティングな川下り!

ニュージーランドでラフティングを楽しむ。

日本の夏は、NZのスキーシーズン!南半球でスキーをしよう!

ニュージーランドでスキー。

ニュージーランド 宿の探し方

バックパッカーズホテル【BBHの使い方】

ニュージーランドで宿泊先を探す。アコモデーション。バックパッカー。ホテル。

日本語で宿探し【Booking.comの使い方】

ニュージーランドで宿泊先を探す。アコモデーション。バックパッカー。ホテル。



Copyright© ニュージーランド バス旅情報 , 2018 All Rights Reserved.